ホーム > トレーニング紹介 > ソーシャルスキルトレーニング

ソーシャルスキルトレーニング

こちらのページでは、ソーシャルスキルトレーニング(SST)というグループ療育についてご紹介いたします。 「ソーシャルスキルトレーニング」とは、人が社会で生きていくうえで必要な、集団行動や対人関係を上手に営んでいくための技術を習得する訓練のことです。 技能(スキル)を習得する練習のことを「スキルトレーニング」といいます。

ソーシャルスキルは先天的に獲得される能力ではなく、生まれてから多くの人たちと関わりながら知識を身に付け、成長していきます。

そのような対人関係につまずきを示す子供たちが、それぞれの発達段階において、獲得すべきスキルの習得のために、ソーシャルスキルトレーニングが必要となります。
ソーシャルスキルトレーニング

グループ療育SST

社会生活(学校・お友達・きょうだい間など)での困りごとを中心に、自立したコミュニケーション法と社会性を身に付けていきます。

【児童発達支援・放課後デイサービス事業所färg(フェルク)】では、集まってプログラムを行い、遊ぶ行動の中で見つかったところをその都度、指導していきます。

プログラム終了後に反省会をして、その日のことを振り返り、療育の次のステップに繋げていきます。

人数が集まり次第になりますので、お問い合わせください。  
利用時間
施設写真
  • フェルクってどんなところ?
  • 施設ギャラリーはこちらから
  • 発達障害療育についてはこちら
  • ABAトレーニング・DTT
  • 詳しくはこちら
  • ソーシャルスキルトレーニング
  • 詳しくはこちら
  • ペアレントトレーニング.1
  • 詳しくはこちら
  • ペアレントトレーニング.2
  • 詳しくはこちら
  • 遊び紹介
  • ご利用までの流れ
  • 見学申し込みについて
  • 声かけ変換表等一覧
  • メールでのお問い合わせ
  • 事業所概要はこちらから