ホーム > トレーニング紹介 > ペアレントトレーニング.1

ペアレントトレーニング.1

ペアレントトレーニングとは、ストレスや深刻な悩みを抱える家族を支援する方法の一つとして、アメリカ・UCLA神経精神医学研究所のハンス・ミラー博士によって1974年に開始されました。 日本でもこの方法を改良した肥前方式、奈良方式、精研方式などといった日本版が実施されており、訓練を受けたトレーナーの指導の下で行われています。 ペアレントトレーニングは、親が子供の行動変容における心理やパターンを理解・分析し、問題行動を適切な対応で減少することのできる技術を獲得することを目的としています。 全10回から構成されており、ADHDの基礎的学習から、分析を見据えた行動分類方法、具体的な対応の仕方を学んでいきます。 その中でポイントとなるのは、「行動の分類化」「注目と無視」「タイムアウト」です。>>タイムアウトについてはこちら
ペアレントトレーニング
ペアレントトレーニングの基本的な考え方

ペアレントトレーニングの基本的な考え方

家の中で、あるいは外出先で、子供が「してほしくない行動」をとる場面に必ず遭遇します。 そんな時、つい感情的になって子供に怒ってしまったり、はたまた諦めて放っておく、などといったことが多いのではないでしょうか? このような対応では、「してほしくない行動」は減るどころか、ますますエスカレートしたり、あるいは反抗的になったり、親子関係そのものが悪くなってしまうでしょう。 「してほしくない行動」を目にすると怒りやイライラがつのり、親や家族自身もストレスを抱え、子供も絶えず怒られる中でストレスを抱えてしまい、単なる悪循環の繰り返しになってしまうことも少なくありません。 ※写真はペアレントトレーニングの基本的な考え方を表記しています。
全10回のプログラム

全10回のプログラム

【各回の進め方】 宿題の報告と振り返り → 本日のテーマ → ロールプレイ → 話し合い

プログラムはステップ・バイ・ステップ方式です。

前回の内容を土台に新しいことを学ぶため、途中参加は原則としてできません。 できるだけ遅刻や欠席のない様にお願いいたします。 グループの参加者は原則として固定ですが、他のご家族の参加も可能です。 参加は保護者の方のみです。  

発達障害療育の糸口

目標行動の例

できるようになって欲しい行動 ・回数を増やしたい行動 ・できることを広げたい行動 ・開発が望まれる行動 やめてほしい行動 ・回数を減らしたい行動 ・完全になくしたい行動 ・適切な場面に限りたい行動

>>発達障害・よくある困り例についてはこちら

目標行動の例

行動観察記録のポイント

行動観察記録のポイント

・目標にしている行動の観察記録

・その行動が起こる前の状況の観察記録

前の状況 → 行動 → 結果

>>ペアレントトレーニング.2へつづく

行動観察記録のポイント
利用時間
施設写真
  • フェルクってどんなところ?
  • 施設ギャラリーはこちらから
  • 発達障害療育についてはこちら
  • ABAトレーニング・DTT
  • 詳しくはこちら
  • ソーシャルスキルトレーニング
  • 詳しくはこちら
  • ペアレントトレーニング.1
  • 詳しくはこちら
  • ペアレントトレーニング.2
  • 詳しくはこちら
  • 遊び紹介
  • ご利用までの流れ
  • 見学申し込みについて
  • 声かけ変換表等一覧
  • メールでのお問い合わせ
  • 事業所概要はこちらから